かけ方の基本を学ぼう|サラサラのストレートになれるアイロンはコレで決まり
ロゴ

アイロンを使いこなすには腕も必要になる

かけ方の基本を学ぼう

ヘアアイロン

注意点を知る

ツヤと潤いを与えるヘアオイル。髪に塗るだけでアホ毛を防止することも可能です。ただ、アイロンでストレートにする場合は使用を控えてください。熱がオイルに伝わると髪に余計なダメージを与えることになりかねないため、使うのならアイロンが終わってからが無難です。また、湿った髪の毛も要注意でしょう。一見、濡れた髪の方がまっすぐになりやすいイメージですが、実際はアイロンの高温により水分が一気に蒸発し、髪の内部までボロボロにします。大事なことは、オイルを使っていない乾いた髪に使用することなので美しいストレートにするためにも守りましょう。

髪を重点的に梳かすことも忘れずに

髪同士が絡まった状態での使用はかえって上手く整えることが難しくなります。ポイントとしては、アイロンを行なう前に時間をかけて髪の毛を梳かすことです。事前に髪のほつれをなくしておくことで、アイロンの通りが良くなり、より綺麗に仕上げることができます。あれば、アイロン用のスタイリング剤を使うとツヤのある魅力的な髪質に大変身します。最後の仕上げにストレートをキープするスプレーを噴射すれば、長い時間美しい状態を持たせることができますよ。ただ、あまりにかけすぎると重たい印象になるので軽くつける程度にしておきましょう。もっとツヤ感を出す場合は、アイロンともう一つ、コームを使うのがおすすめです。一緒に滑らせることでワンランク上の艶サラ髪にグッと近づくことができます。カラーリングで傷んだ髪の人はぜひ試してみましょう。

根本より下から行うのが基本

キレイに仕上げるコツに、ブロッキングがあります。丁寧に時間をかけて行うことでムラがなくなり、ボリュームを抑えることができます。ふんわりとした自然なストレートにするなら根本より若干下の方からアイロンをかけるといい感じに仕上がるでしょう。逆に根本ギリギリで行うと変な段差がつくので気を付けてください。順番は根本、中間、毛先です。順番を守ってアイロンをかけると、プロに施術してもらったような感じになります。難しい部分もありますが、慣れれば縮毛矯正もいらなくなります。また使いこなすことができれば、ストレートだけではなく、ゆるふわパーマや内巻きなどの新しいヘアスタイルにも挑戦できるでしょう。まずはストレートをマスターすることを目標にし、アイロンを使いこなすまでにレベルアップする必要があります。